犬,猫のサプリメント,健康情報

犬・猫の糖尿病

-犬・猫の糖尿病-


  


犬と猫の糖尿病の違いは・・・

犬の糖尿病は、気付いた時点でほとんどすべてがインスリン依存性です。猫の糖尿病の場合は、犬とは異なりインスリンを注射しなくて良い糖尿病も多く存在し、その比率は以下のようになります。
毎日注射が必要 → インスリン依存性糖尿病・・・・(50~70%)
注射は不要   → インスリン非依存性糖尿病・・・(30~50%)糖尿病となる膵臓の異常がどのようにして起こるか不明な点は多く、単一の成因ではありません。
しかし、糖尿病発生の成因が何であれ、サプリメントは様々な理由で犬と猫の糖尿病に有益であるかもしれません。

(1)糖尿病発症予防として

免疫介在性に膵臓が破壊され糖尿病になってしまう場合、免疫をサポートするサプリメントの給与は有益でしょう。 また血糖値上昇抑制作用を持つ成分の知られており、その作用を持ち合わせるようなサプリメントの給与で、膵臓への負担が軽減し発症予防に役立つ可能性があります。

(2)インスリンの使用開始を遅らせるために

インスリンを産生する能力が落ちて来たけれど、無理がかからなければ血糖値は正常に保てる、といった段階では食事のカロリーが多すぎたりストレスがかかったりすると高血糖になりやすくなってきます。 このような糖尿病と正常の境界の状態では、血糖値上昇抑制作用のあることが知られる分岐鎖アミノ酸(=BCAA)のイソロイシンを与えることは有益でしょう。

(3)合併症防止のために

糖尿病にはさまざまな合併症が起こる事は良く知られています。 急性、慢性の感染症は免疫力をポートするサプリメントでできる限りの予防をする事が理想です。 さらに高脂血症も付随しやすく、高血糖と高脂血症が相まって様々なトラブルを起こします。 なので、免疫をサポートするサプリメントやアミノ酸などを補助的に摂ることが有益であると考えられます。


  上は体重12kgの猫・下は体重4kgの猫
子猫ではありません


これらを考慮し、糖尿病の犬と猫のQOLの向上にサプリメントの使用をお勧めします。



                         
     





サプリメントと医薬品

-サプリメントと医薬品-

 犬のサプリメント、猫のサプリメントそして私たちが利用する人のサプリメントを否定的にとらえ、一切使用しない、あるいはしたくない人もおられるでしょう。サプリメントと医薬品の違いはいったい何なのでしょうか。

(1)医薬品でありサプリメントでもあるものを3種類ほど見てみましょう。

1. ビタミン類
ビタミンC などの各種ビタミンは、注射薬や内服薬というかたちで医薬品として使用されています。さらにサプリメントとしても幅広く使用されています。

2. アミノ酸
アミノ酸の1種、グルタミンは、医薬品としてもサプリメントとしても使用されています。医薬品としてはグルミン顆粒99%という名前で協和発酵キリン(株)から販売されています。薬効分類名は胃潰瘍十二指腸潰瘍治療剤で、中身はL-グルタミン99%です。また、Lーグルタミンは筋肉を増やすためなどのサプリメントとして各種販売されています。

3. βグルカン
 βグルカンもまた医薬品とサプリメントが存在します。医薬品としては、シイタケから抽出されたβグルカンの注射薬レンチナン静注用1mg(味の素)や、カワラタケから抽出されたβグルカンを主成分とする内服薬クレスチン(クレハ、第一三共)等があります。サプリメントとしての各種キノコのβグルカンは沢山の種類が販売されているのが知られています。

(2)次に、同じ作用を持つ別物質の医薬品とサプリメントを見てみましょう。

病気の早期発見

血栓を溶解するための医薬品注射薬のウロキナーゼは、人の尿に含まれる成分を製剤化したものです。血栓溶解作用のあるサプリメントルンブレンは、ルンブルクス・ルベルスという種類のミミズの乾燥粉末です。元宮崎医科大学副学長が発見したルンブロキナーゼが含まれており、血栓を溶解する力がウロキナーゼより強い事が報告されています。ルンブロキナーゼを医薬品にすることは、巨額な費用と何年もの時間があれば可能であったのかもしれません。しかしサプリメントとして販売することを選択したことによって、より早く世に出せたのではないでしょうか。そして巨額な費用をかけなかった結果、国内外のより多くの人がより安価に利用できているのではないでしょうか。

このように、医薬品とサプリメントが同一物質であったり、サプリメントとして流通したほうが使用する側にとって利点が生じるものもあるようです。

薬でも症状に合っていなければ意味がありませんし、サプリメントでも身体の状態に合っていれば予想以上の力を発揮してくれる事もあります。

当店は犬・猫の健康増進のための良質なサプリメントやフードに関して愛犬家・愛猫家の皆様に役立つ情報を発信できるようこれからも努力してまいります。

愛犬・愛猫の健康維持に、当店販売のサプリメントをお役立て頂けましたら幸いです。

  • 2018.05.15
  • 16:21

犬・猫における手術の侵襲と免疫

-犬・猫における手術の侵襲と免疫-


医療分野で広く知られている外科手術後の免疫抑制は、様々な要因で起こる事が示されています。

麻酔による血圧の低下など普段と異なるコンディション、手術による傷などによる身体に対するストレスが副腎皮質ステロイド等を放出させ、その結果免疫が抑制されます。
また麻酔維持により引き起こされる体温低下によっても免疫力の低下が起こります。
免疫力の低下で最も問題となるのは、特に がん や 腫瘍 の手術においてではないでしょうか。

傷の治りが悪くなる事や、感染症のリスクが高まる事以外の問題点として、すでに微小な転移病変が存在した場合、そのがん細胞や腫瘍細胞が暴れ始める事にもなりかねません。

術前の免疫力をしっかりと高めておく事は、術後の回復などに非常に重要な役割を果たすと考えられます。
そして、この事は人のみならず犬や猫においても同様の事が言えます。

術前にも免疫をサポートするサプリメントを摂ることをオススメしております。

文:獣医師 白石 陽造

犬と猫の疾患別、サプリメント情報です

-犬と猫の疾患別、サプリメント情報です-


疾患別サプリ情報

(1)猫免疫不全ウイルス感染症・猫白血病ウイルス感染症
(2)癌・悪性腫瘍に罹患した犬、猫への炭水化物・ブドウ糖の給与
(3)犬・猫の免疫介在性腸疾患
(4)犬・猫の免疫介在性疾患
(5)犬・猫の慢性腎不全



(1)猫免疫不全ウイルス感染症・猫白血病ウイルス感染症 

これら感染症は人のウイルスと同様、レトロウイルスによって引き起こされます。

どんなに強力で理不尽なウイルスでも対策の第一歩は免疫力の強化です。

海外においてこれらの疾患に、免疫をサポートするサプリメントが使われるケースが多数あります。  

(2)癌・悪性腫瘍に罹患した犬、猫への炭水化物・ブドウ糖の給与

癌・悪性腫瘍の主な栄養素はブドウ糖です。
炭水化物が消化されると、ブドウ糖となり吸収されることから、炭水化物系の食べ物や糖分を与えすぎないようにすることがすすめられていますが、これを知ってしまうと過剰に反応してしまい、糖分を与えなくなってしまう方もいます。

(3)犬・猫の免疫介在性腸疾患

免疫介在性の腸疾患は、人・犬・猫共にまだまだ解明されていない部分が多い疾患です。
こちらも免疫をサポートするサプリメントをオススメします。

(4)犬・猫の免疫介在性疾患

免疫介在性の疾患は多くの種類が存在します。
治療は主に免疫抑制剤が使われますが、長期間の投薬でコントロールするのが主体で、副作用に悩まされる非常に嫌な疾患です。
免疫介在性溶血性貧血(自己免疫性溶血性貧血)、免疫介在性血小板減少症(血小板減少性紫斑病)、免疫介在性脂肪織炎(無菌性結節性脂肪織炎)、糸球体腎炎、多発性関節炎など犬の免疫介在性疾患でお悩みの方にも免疫をサポートするサプリメントがオススメです。

(5)犬・猫の慢性腎不全

慢性腎不全は犬よりも圧倒的に猫に多く発症します。
慢性腎不全の成因には免疫介在性の腎臓病もあり、真の免疫をサポートするサプリメントに期待が寄せられます。
腎臓への作用がなくても、落ち込んだ体調を支える事ができれば、QOLの向上に役立ちます。

愛犬、愛猫の健康維持には、当店のサプリメントをぜひお役立てください。

犬と猫のサプリメント、本当に良いものかを知るには

-犬と猫のサプリメント、本当に良いものかを知るには-

(1)本当に良い医薬品やサプリメントは、人用もあり犬猫用以上に使用されている
(2)本当に良い医薬品やサプリメントは、日本のみではなく世界各国で使われている
(3)本当に良い医薬品やサプリメントは、世界各国で研究される

(1)本当に良い医薬品やサプリメントは、人用もあり犬猫用以上に使用されている

今では動物用医薬品が多種販売されていますが、以前は人の医薬品を使用していたし、今も動物薬として販売されていない医薬品は人用を使用しており、その種類の方がはるかに多いのです。
 犬猫の抗がん剤も日本ではすべて人用を使用しています。
海外では犬猫用抗がん剤も販売されていますが、人で使用されていない1から犬猫のために開発された抗がん剤はありません。

犬フィラリア症予防薬は、犬用に開発された薬品のように思いがちですが、もともとは人用医薬品の抗生物質を開発する流れのなかで発見され、決して犬猫用に開発されたものではないのです。
人の寄生虫感染症は多くはなく、逆に犬は世界の多くの国でフィラリア予防が必要であることから、あたかも犬の薬のようになってしまっています。

本当に良い犬猫用サプリメントがあるなら、同じ成分が人用としても存在し、犬猫用よりはるかに多くが利用されているはずです。

(2)本当に良い医薬品やサプリメントは、日本のみではなく世界各国で使われる

 日本で開発された医薬品やサプリメントは日本独自で販売され利用されるでしょう。 しかし世界中行き来が激しくなった現在では、真に良いものは必ず世界に広まります。 医薬品は大きな壁(薬の認可は世界中厳しいのです)が存在しますが、サプリメントにはそれが存在しません。

(3)本当に良い医薬品やサプリメントは、世界各国で研究される

世界で研究

 サプリメントやその原料とされるもので良いとされるものは世界各国で研究がされます。







AHS動物サプリメントオンラインショップでは、犬猫用サプリメントに関して皆様に参考にして頂けるような、日本や世界各国の有益な論文・学会発表などを可能な限り紹介するよう心掛けています。

論文紹介・免疫サプリメントのBiobranMGN-3は癌を縮小させる

-論文紹介・免疫サプリメントのBiobranMGN-3は癌を縮小させる-

低分子米ぬかアラビノキシランの前身とも言えるBiobran MGN-3 が抗がん作用をもつことを示した論文の内容を簡単に紹介します。

固形Ehrlich担癌マウスの癌の成長を観察した実験。

PBS 投与群(コントロール群)とBiobran MGN-3 投与群の2群に分け、腹腔内投与と腫瘍内投与の2系統で実験。いずれの投与方法においても、Biobran MGN-3 は免疫を増強させることとアポトーシスを起こさせることの二つの力が腫瘍の縮小に関与したと考察しています。



2大学とNational Center for Radiation and Technology 所属の計3名の論文

In vivo tumor inhibitory effects of nutritional rice bran supplement MGN-3/Biobran on Ehrlich carcinoma -bearing mice . (2008年)




文:獣医師 白石 陽造

保有ポイント:__MEMBER_HOLDINGPOINT__ポイント
会員ランク:__MEMBER_RANK_NAME__
あと__MEMBER_RANK_NPRC__以上の
お買い物でランクアップ!
あと__MEMBER_RANK_NCNT__の購入でランクアップ!













オメガ-3脂肪酸 DHA DPA

特許取得のサプリメント

犬猫の癌・腫瘍とサプリメント

動物用スーパーオリマックス

犬,猫のサプリメント・アミノ酸

犬,猫のサプリメント,健康情報

コラム

各種サプリメントリスト

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

土日祝日が定休日となっております。
定休日はお問い合わせや発送業務はお休みさせていただきますのでご了承ください。
平日は可能な限りメール、お電話等お問合せの対応はさせていただきますが、出られない場合もございますのでご了承くださいませ。
ご注文時のお届け日時の指定は3営業日後以降のご指定でお願い致します。

ページトップへ