特許取得のサプリメント

特許取得!バイオブランは人の炎症性腸疾患・過敏性腸症候群に対する特許を取得

低分子米ぬかアラビノキシランの底力

-特許取得!バイオブランは人の炎症性腸疾患・過敏性腸症候群に対する特許を取得-


米ぬかアラビノキシランは現状、数あるサプリメントの中でも非常に強力な免疫サポート力を持っており、獣医学会でも多くの注目を集めています。

そして今回、その特許取得済の米ぬかアラビノキシラン(Biobran-MGN3)を開発した前田博士が、新たに低分子米ぬかアラビノキシラン(オリザロース、発酵紫黒米)を開発致しました。

低分子米ぬかアラビノキシランは低分子化を実現したことで吸収性が大きく向上し、さらに原料に古代米である紫黒米を使用したことによってアントシアニン及びGABAが同時に抽出されています。

これら3成分による相乗効果で、より強力に自然免疫力をサポートしてくれます。

この度、低分子米ぬかアラビノキシランが新しく誕生しましたので、改めて参考までにBiobran-MGN3の特許についてご紹介致します。

人の炎症性腸疾患IBD 過敏性腸症候群IBS に対しての論文紹介。犬猫に対しても参考になると考えられます。

大和薬品ホームページのニュースリリースで平成26年2月バイオブランが腸疾患患者への使用に対する特許を取得したことを伝えました。
特許番号は5358219です。
この特許は、炎症性腸疾患、過敏性腸症候群への使用に対してです。


人の炎症性腸疾患及び過敏性腸症候群の治療方法と、犬猫の炎症性腸疾患及び過敏性腸症候群の治療方法は、いずれもステロイド剤、サリチル酸誘導体等の投与と同じ治療方法(対症療法)になります。

犬猫の炎症性腸疾患 IBD
小腸
 好酸球性腸炎(猫には好酸球増加症候群もある)
 リンパ球プラズマ細胞性腸炎
 肉芽腫性腸炎
大腸
 リンパ球プラズマ細胞性大腸炎
 好酸球性大腸炎
 好中球性大腸炎(化膿性大腸炎)
 限局性肉芽腫性大腸炎
 組織球性潰瘍性大腸炎


犬猫の過敏性腸症候群 IBS

バイオブランは米ぬかアラビノキシランと同じものです。
そして今回新たに低分子化に成功した低分子米ぬかアラビノキシランが開発されました。

鑑別が必要な難治性の下痢症

犬や猫の繰り返す下痢症は、上記の IBD IBS の他に様々な疾患が存在します。
寄生虫による下痢症の中で、診断が比較的されにくいトリコモナス感染症やジアルジア感染症、そしてコクシジウム感染症があり、成犬では感染が発見されるまでだらだらと下痢症が繰り返されます。
膵外分泌不全による下痢症は食餌療法に加え消化酵素を与えなければ下痢が続きます。
リンパ管拡張症は、コントロールが困難な下痢が続く事もあり、IBD や IBS が疑われる症例にはこれらを鑑別診断することが重要になります。

論文の紹介

バイオブラン(米ぬかアラビノキシラン)の、人・過敏性腸症候群への効果についての論文です

名古屋市立大学を中心とした研究グループからバイオブランの過敏性腸症候群に対する効果について、2014年8月に Evidennce-Based Complementary and Alternative medicine に論文が掲載されました。

研究結果として、人の過敏性腸症候群 IBS に対して、バイオブランは63.2% に有効であったと伝えています。

犬猫の炎症性腸疾患と過敏性腸症候群も人と発症機序等はほとんど変わりがないと考えられています。
犬猫の治療薬も人と同じものが使用されています。

  • 2018.05.15
  • 12:47

保有ポイント:__MEMBER_HOLDINGPOINT__ポイント
会員ランク:__MEMBER_RANK_NAME__
あと__MEMBER_RANK_NPRC__以上の
お買い物でランクアップ!
あと__MEMBER_RANK_NCNT__の購入でランクアップ!













オメガ-3脂肪酸 DHA DPA

特許取得のサプリメント

犬猫の癌・腫瘍とサプリメント

動物用スーパーオリマックス

犬,猫のサプリメント・アミノ酸

犬,猫のサプリメント,健康情報

コラム

各種サプリメントリスト

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

土日祝日が定休日となっております。
定休日はお問い合わせや発送業務はお休みさせていただきますのでご了承ください。
平日は可能な限りメール、お電話等お問合せの対応はさせていただきますが、出られない場合もございますのでご了承くださいませ。
ご注文時のお届け日時の指定は3営業日後以降のご指定でお願い致します。

ページトップへ