コラム

関節痛の愛猫に飲ませたい猫用サプリメント

-関節痛の愛猫に飲ませたい猫用サプリメント-

関節痛に猫用サプリメント・犬用サプリメントを|AHS動物サプリメントオンラインショップ

関節痛の愛猫に飲ませたい猫用サプリメント

ペットも年を重ねると体力や筋力、免疫力が低下し、糖尿病といった病気にかかることがあります。飼っている猫の動きに変化を感じたら、変形性関節症が考えられます。

変形性関節症とは

骨と骨を繋ぐ関節部分の骨は、表面を弾力性がありクッションの役割を果たす関節軟骨で覆われ、周辺は潤滑油の役割を果たす関節液で満たされています。

このクッションと潤滑油が関節の動きをスムーズにしています。しかし、老化や過度な運動など様々な原因によって、関節軟骨がすり減ったり固くなったりすると、正常に動かなくなってしまいます。すると関節の可動域が制限され、歩いたり走ったりと関節の動きを伴う動作時に痛みが生じることもあります。

猫に発生しやすい変形性関節症の箇所

猫に発生しやすい変形性関節症の箇所

顎や肩、股関節、前足の肘や手根、後ろ足の膝や足根、尾椎など、どの関節でも起こる可能性がありますが、猫は体重を支える肘や膝、股関節で症状が出やすいとされ、特に前足に多く見られます。

一般的には年齢とともに筋力が衰え、関節への負担が大きくなることで症状が出ます。その他にも、肥満で膝への負担が大きい猫、または体質によって若い猫にも症状が見られることがあります。

見極め方

犬は関節が痛くなると、足を引きずるなど行動で分かりやすい場合が多いのですが、猫はあまり行動に出ないため分かりにくく、日頃の様子から変化を見極める必要があります。

歩き方がおかしい、肘や膝あたりが腫れている、全体的に動作がぎこちない、動きがゆっくり、動きたがらない、走ったりジャンプしたりしない、段差の上り下りがゆっくり、毛づくろいや伸びが減ったといった変化は、関節の痛みに耐えているかもしれません。

痛みから食欲や元気がなくなることもあるので、いつもと違った様子であれば、特に老猫は獣医師に相談することをおすすめします。

動物病院を訪れた12歳以上の猫のうち、検査などでたまたま変形性関節症が見つかった猫は9割程度とも言われているため、若いうちからのケアが大切です。健康的に年齢を重ねるためにも、普段の食事に猫用サプリメントを取り入れるのも対策の1つです。




当店では、微細藻類由来のDHA・DPAで関節をサポートするアルジェオメガをはじめ、様々な猫の状態に合わせた猫用サプリメントを取り扱っております。不調を抱えるペットの健康管理にお役立ていただけます。

猫用サプリメントの他にも、健康をサポートするアイテムが揃っておりますので、大切なペットを飼っている方はお気軽に当店の通販サイトをご利用ください。

保有ポイント:__MEMBER_HOLDINGPOINT__ポイント
会員ランク:__MEMBER_RANK_NAME__
あと__MEMBER_RANK_NPRC__以上の
お買い物でランクアップ!
あと__MEMBER_RANK_NCNT__の購入でランクアップ!













オメガ-3脂肪酸 DHA DPA

特許取得のサプリメント

犬猫の癌・腫瘍とサプリメント

動物用スーパーオリマックス

犬,猫のサプリメント・アミノ酸

犬,猫のサプリメント,健康情報

コラム

各種サプリメントリスト

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

土日祝日が定休日となっております。
定休日はお問い合わせや発送業務はお休みさせていただきますのでご了承ください。
平日は可能な限りメール、お電話等お問合せの対応はさせていただきますが、出られない場合もございますのでご了承くださいませ。
ご注文時のお届け日時の指定は3営業日後以降のご指定でお願い致します。

ページトップへ