論文紹介

大豆由来のホスファチジルセリン/ホスファチジン複合体(PAS)は、慢性的にストレスをうけた男性被験者における視床下部-下垂体-副腎軸のストレス反応性を正常化する

今回は


(論題)
A soy-based phosphatidylserine /phosphatidic acid complex(PAC) normalizes the stress reactivity of hypothalamus-pituitary-adrenal-axis in chronically stressed male subjects:a randomized,placeb-controlled study 

(論題訳)
大豆由来のホスファチジルセリン/ホスファチジン複合体(PAS)は、慢性的にストレスをうけた男性被験者における視床下部-下垂体-副腎軸のストレス反応性を正常化する:無作為プラセボ対照研究

という論文をご紹介いたします。



はじめに…
これまでの研究でホスファチジン酸(以下PA)(*1)は
①動物実験で胃腸障害を予防・回復する。
②骨格筋量を増加させる。

ホスファチジルセリン(以下PS)は
①記憶・学習・気分・ストレス管理を改善させる。
②急性の肉体ストレス・精神的ストレスに対しACTHとコルチゾールの反応を減少させる。
③炎症性神経変性事象の予防・双極性および大うつ病障害等精神障害の改善と関連している。
ことが示唆されてきました。

上記に加えさらにPAとPSの複合体(ホスファチジン酸複合体(以下PAS)は)コルチゾールレベルを低下させ、急性の社会的ストレス下での幸福を高めることが近年の研究で示されました。

*1.ホスファチジン酸(PA)…細胞膜の重要な構成要素でホスファチジルセリンやホスファチジルコリン等他の脂質の生合成における前駆体としての利用等の役割を持つ。


この研究は
以前の研究で見つかったPAS400の容量のHPAA(*2)標準化効果を確認する必要があり、またPAS200のより少ない投与量でも同様の効果が観察され得るかを確認する必要がある。

との考えから行われました。

*2.HPAA…視床下部-下垂体-副腎軸のこと。詳しい内容の<はじめに>部分に詳細を記載しております。




この実験により
PASは肉体的ストレスと精神的ストレスの両方を軽減するための安全かつ効果的な補足物である
ことが分かりました。


詳しい内容は以下に記載致しますのでご興味のある方はどうぞご覧くださいませ。



<はじめに~ストレス反応とは~>

ストレス…内分泌系・自律神経系を介して中枢神経系におけるストレス反応ネットワークや抹消器官とのクロストークに影響を与える個々の応答のこと。

視床下部-下垂体-副腎軸(HPAA(*2))は生物の様々な適応プロセスにおいて重要な役割を担う。急性ストレス要因に応答して視床下部は副腎皮質刺激ホルモン(以下ACTH)の下垂体からの放出を誘発するコルチコトロピン放出因子を分泌する。ACTHは副腎皮質からのコルチゾール(*3)の放出を促進する。

簡単にまとめると
急性ストレス要因→コルチコトロピン放出因子(視床下部)→ACTH(下垂体)→コルチゾール(副腎皮質)
と放出を促していく。

*3.コルチゾール…副腎皮質から放出される。炭水化物、脂質、タンパク質代謝、免疫系など多くの生理学的昨日に影響を及ぼし中枢神経系のエネルギー供給を高める。

慢性的な心理的ストレスは心理的および身体的健康障害を伴うHPAAの調節不全を誘発することが示唆されており、ストレス下では※HPAAの二相性反応が観察。

※ストレス下でのHPAA二相性反応:長期の心理的ストレスはHPAAの①過活性をまずはじめに誘発し、その後②低活性化が続く。

①HPAAの過活性が身体に及ぼす影響
 うっ血性うつ、不安障害、メタボリックシンドローム…etc
②HPAAの低活性が身体に及ぼす影響
 疲労、過敏症、線維筋痛症、関節炎、慢性疲労症…etc

近年の研究で特定の栄養補助食の摂取が上記異常の調整やストレス症候を正常化したと示唆された。


<被験者と実験方法

1.被験者
     20~45歳の健康な男性75名

2.方法
  1. 低慢性ストレス群と高慢性ストレス群の2群に分け、それぞれを更にプラセボ群・PAS200群・PAS400群の3群に分類。
  2. 21日間、それぞれプラセボ・PAS200・PAS400のカプセルを毎日摂取。
  3. 血液採取後トリアーソーシャルストレステスト(以下TSST)(*4)を実施。TSSTの前後で心理検査を実施し、更にHPAA活性測定のため唾液および血液をTSSTの前後とテスト中に採取。血液は後にACTH分析にも使用。
  4. また、自律神経系の測定のため心拍数やパルス通過時間(以下PTT)(*5)も前後に測定した。
  5. 心理評価もTSST前中後に実施。内容は多次元気分状態アンケート、不安感やストレスレベルの測定。
*4.トリアーソーシャルストレステスト(TSST)…急性心理社会的ストレス状態を誘発するためのストレステスト。HPAAの応答を引き起こすのに最も効果的であり、ストレスや不安に対する個人の感情の強い増加を引き起こす。

*5.パルス通過時間(PTT)…心電図と脳波の測定により決定されるもので、ストレス測定のための適切なパラメータとされている。


<結果>
TSSTにより知覚されるストレス応答はすべての治療群において同様であった。

HPAA反応に対するPASの顕著な応用力減衰効果は高慢性ストレス群での400mg処置群でのみ観察。慢性ストレスがHPAAの過敏性をもたらす場合リン脂質はストレスに対するHPAA応答を緩衝すると予想され得る。

PAS400の効果は内分泌のみで認められたが自律神経ストレス反応では観察されなかった。この結果よりPASは主にHPAA周辺の構成要素をターゲットに効果を発揮する可能性を示した。




<結論>

慢性的にストレスを受けた場合PAS400はコルチゾール応答を正常化スつことでHPAAの急性ストレス要因に対する過敏性を緩衝することが期待される。

心血管疾患、中枢性肥満やメタボリックシンドロームのようなストレスにより上昇したコルチゾールが引き起こすストレス関連障害などへのPASの応用も期待出来る。

肉体的ストレスや精神的ストレスの両方を軽減するための安全かつ効果的な補足物である。


保有ポイント:__MEMBER_HOLDINGPOINT__ポイント
会員ランク:__MEMBER_RANK_NAME__
あと__MEMBER_RANK_NPRC__以上の
お買い物でランクアップ!
あと__MEMBER_RANK_NCNT__の購入でランクアップ!













オメガ-3脂肪酸 DHA DPA

特許取得のサプリメント

犬猫の癌・腫瘍とサプリメント

動物用スーパーオリマックス

犬,猫のサプリメント・アミノ酸

犬,猫のサプリメント,健康情報

コラム

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

土日祝日が定休日となっております。
定休日はお問い合わせや発送業務はお休みさせていただきますのでご了承ください。
平日は可能な限りメール、お電話等お問合せの対応はさせていただきますが、出られない場合もございますのでご了承くださいませ。
ご注文時のお届け日時の指定は3営業日後以降のご指定でお願い致します。

ページトップへ