コラム

低分子米ぬかアラビノキシランの効果

-低分子米ぬかアラビノキシランの効果-
 

NK細胞の活性化

NK細胞とは「ナチュラル・キラー細胞」のことで、癌細胞やウイルス感染細胞を見つけ次第攻撃するリンパ球のことです。つまりNK細胞というのは、人の体を癌細胞やウイルス感染細胞から守る初期防衛機構として非常に重要な役割を担う免疫細胞なのです。低分子米ぬかアラビノキシランは、その免疫細胞であるNK細胞を活性化させる働きがあります。低分子米ぬかアラビノキシランの前身とも言えるバイオブランについてDana Cholujova氏は2014年のバイオブラン研究会において、その研究成果を報告しています。

副作用の軽減

抗癌剤は癌細胞の発育を抑えるためのものですが、同時に正常な細胞にもダメージを与えるものです。その正常な細胞にダメージを与えた場合に起きるのが副作用になります。脱毛をはじめ、食欲不振や吐き気、嘔吐などは抗癌剤治療の代表的な副作用であり、とても辛いものです。
しかし、低分子米ぬかアラビノキシランには、これらの副作用を軽減する働きがあります。

QOLの向上

QOLとは「Quality Of Life(クオリティ・オブ・ライフ)」の略称で、生活の質などと訳されている概念になります。癌を発症し抗癌剤治療を行うと、上記のような副作用の影響が体はもちろん、精神面にも影響を及ぼします。「病は気から」という言葉もあるように、精神的な負担が大きくなってしまうと、病気の治りにも少なからず影響がでることは否めません。
低分子米ぬかアラビノキシランは副作用の軽減が可能となりますので、体の負担だけでなく精神的な負担も軽減することができます。要するに低分子米ぬかアラビノキシランには、QOLの向上が期待できるのです。

以上が、低分子米ぬかアラビノキシランの効果になります。


動物用のサプリメントを大切な家族である愛犬愛猫の健康維持に取り入れてみるのも良いのではないでしょうか。

犬用サプリメントの選び方

-犬用サプリメントの選び方-

犬用サプリメントで免疫力アップをお考えなら|AHS動物サプリメントオンラインショップ

犬用サプリメントの選び方

免疫力や胃腸機能の低下によって、愛犬に少しずつ不調が見られるようになってくると、健康のためにいろいろなサプリメントをあげたくなるものです。

近年、愛犬の健康を考えたサプリメントが注目されていますが、どのような犬用サプリメントを選べば良いのでしょうか。

愛犬の健康状態に合ったサプリを選ぶ

愛犬の健康状態に合ったサプリを選ぶ

犬用サプリメントは大まかに、多くの栄養素がバランス良く配合された「ベーシックタイプ」と、特定の症状に対して働きかけてくれる「ターゲットタイプ」の2種類に分けることができます。

犬用サプリメントの種類は糖尿病などの病気予防、関節痛や毛並み用、肥満対策用など実に様々です。愛犬にサプリメントを与える際は、現在の症状をしっかりと把握し、愛犬の健康状態に合ったサプリメントを選ぶことがポイントです。

もしも愛犬が病気療養中で、獣医師から治療を受けているなどの場合は、サプリメントとの併用には注意が必要です。
飲み合わせによっては不調に拍車をかけるおそれもあるため、事前に必ず獣医師に相談しましょう。

サプリの成分表をチェックする

愛犬の症状を理解するだけでなく、実際に使用する犬用サプリメントの成分を確認することも忘れてはいけません。
サプリメント成分には「天然」と「合成」タイプがあり、一般的に天然成分の方が体への吸収率も高いとされています。

そのため、サプリ製品の中には天然成分ではないにも関わらず「天然成分である」と謳っている、もしくは、そのような表現をしている商品があることも事実です。実際に購入する際には、雑誌やネットなどで先に購入した利用者の口コミなどを確認することも天然成分のサプリメントを購入するときのポイントといえます。

犬用サプリメントの選び方は、現在の愛犬の状況によって判断しましょう。大切な愛犬の健康をサポートするサプリメントだからこそ、じっくり慎重に選択することをおすすめします。



ネットでペット用サプリメントをお探しの際は、当店をご利用ください。愛犬の健康をサポートするサプリメントの専門店として、天然成分のDHAが含まれたものなど安心してお使いいただける様々なサプリメントを販売しております。通販をはじめ、お電話でもご注文を承っておりますので、大切な愛犬やペットの体調管理に是非お役立てください。

関節痛の愛猫に飲ませたい猫用サプリメント

-関節痛の愛猫に飲ませたい猫用サプリメント-

関節痛に猫用サプリメント・犬用サプリメントを|AHS動物サプリメントオンラインショップ

関節痛の愛猫に飲ませたい猫用サプリメント

ペットも年を重ねると体力や筋力、免疫力が低下し、糖尿病といった病気にかかることがあります。飼っている猫の動きに変化を感じたら、変形性関節症が考えられます。

変形性関節症とは

骨と骨を繋ぐ関節部分の骨は、表面を弾力性がありクッションの役割を果たす関節軟骨で覆われ、周辺は潤滑油の役割を果たす関節液で満たされています。

このクッションと潤滑油が関節の動きをスムーズにしています。しかし、老化や過度な運動など様々な原因によって、関節軟骨がすり減ったり固くなったりすると、正常に動かなくなってしまいます。すると関節の可動域が制限され、歩いたり走ったりと関節の動きを伴う動作時に痛みが生じることもあります。

猫に発生しやすい変形性関節症の箇所

猫に発生しやすい変形性関節症の箇所

顎や肩、股関節、前足の肘や手根、後ろ足の膝や足根、尾椎など、どの関節でも起こる可能性がありますが、猫は体重を支える肘や膝、股関節で症状が出やすいとされ、特に前足に多く見られます。

一般的には年齢とともに筋力が衰え、関節への負担が大きくなることで症状が出ます。その他にも、肥満で膝への負担が大きい猫、または体質によって若い猫にも症状が見られることがあります。

見極め方

犬は関節が痛くなると、足を引きずるなど行動で分かりやすい場合が多いのですが、猫はあまり行動に出ないため分かりにくく、日頃の様子から変化を見極める必要があります。

歩き方がおかしい、肘や膝あたりが腫れている、全体的に動作がぎこちない、動きがゆっくり、動きたがらない、走ったりジャンプしたりしない、段差の上り下りがゆっくり、毛づくろいや伸びが減ったといった変化は、関節の痛みに耐えているかもしれません。

痛みから食欲や元気がなくなることもあるので、いつもと違った様子であれば、特に老猫は獣医師に相談することをおすすめします。

動物病院を訪れた12歳以上の猫のうち、検査などでたまたま変形性関節症が見つかった猫は9割程度とも言われているため、若いうちからのケアが大切です。健康的に年齢を重ねるためにも、普段の食事に猫用サプリメントを取り入れるのも対策の1つです。




当店では、微細藻類由来のDHA・DPAで関節をサポートするアルジェオメガをはじめ、様々な猫の状態に合わせた猫用サプリメントを取り扱っております。不調を抱えるペットの健康管理にお役立ていただけます。

猫用サプリメントの他にも、健康をサポートするアイテムが揃っておりますので、大切なペットを飼っている方はお気軽に当店の通販サイトをご利用ください。

痛みのサインは鳴き声としぐさ


-痛みのサインは鳴き声としぐさ-

散歩をしたりおもちゃで遊んだりと、ペットが楽しそうにしている姿を見るのは、飼い主にとって嬉しいものです。
いつまでも健康でいてほしいものですが、加齢で免疫や筋力が低下するのは避けられません。

時に腫瘍、関節炎など、ケガをしたり病気にかかったりして体調が悪くなることもあります。ペットの痛みのサインにはどんなものがあるのでしょうか。

鳴き方

鳴き方

ペットも人間と同じように怒りや不安、悲しい、苦しい、嬉しい、楽しい、リラックスといった様々な感情を抱きます。嬉しさや楽しさといったポジティブな感情は、飼い主にとっても分かりやすいです。
しかし、苦しみや痛みは分かりにくいことも多く、何だか様子がおかしいけどどうしたのかな、と心配になるものです。

そんな時はペットがどんな鳴き方をしているか、注意して聞いてみてください。うめきやうなり、キーキーやくーんくーんと鳴く、シャーと威嚇する、いつも以上にたくさん鳴く、悲痛な声で鳴くなど、普段と違った鳴き方をしている場合、どこか痛みがあると考えられます。

しぐさや行動

不調や痛みは、しぐさや行動に表れることもあります。

例えば、が前足を伸ばしてお尻を上げストレッチをしているような「祈りのポーズ」を苦しそうに行う場合、腹部に痛みを感じている可能性があります。足をひきずる、歩くのが遅い、走らない、触られるのを嫌がるといった行動は、関節が痛いのかもしれません。

しぐさや行動

犬はしぐさや行動に表すのが上手ですが、は痛みを我慢する傾向にあるため、猫を飼っている方は特にしぐさや行動に注意が必要です。

同じ所ばかり毛づくろいする、トイレの失敗が増える、ご飯を食べない、姿勢が不自然、体を丸めてじっとしている、暗いところや隙間に行くようになったなど、普段と違うしぐさや行動だと感じたら、何か痛みを我慢しているのかもしれません。

痛みからくるストレスで攻撃的になることもあります。ペットの体調不良や痛みを察するのは飼い主にとって大切なことです。痛みのサインを見逃さないためにも、鳴き方やしぐさ、行動には日頃から注意してみてください。



当店では、健康管理に役立つサプリメントとして注目を集める低分子米ぬかアラビノキシランを主成分としたスーパーオリマックスをご用意しております。
スーパーオリマックスは、ペットにも安心して与えられます。
その他、オメガ3脂肪酸を豊富に含むアルジェオメガ、アミノ酸BCAAのアミノピュアー、脳機能をサポートするHAPPY PAWS、特許取得の乳酸菌サプリおなかのサプリAHSなど、様々なサプリメントがあります。ペットの健康管理に当店のサプリメントが役に立てましたら幸いです。

愛犬が手術を受けたら…

-愛犬が手術を受けたら-

愛犬が手術を受けたら…

私たちが食事や運動、睡眠といった生活習慣に気をつけ、免疫力アップや健康管理に努めるように、ペットの免疫力アップを考えることも大切です。

や猫も病気にかかることがあり、腫瘍の摘出手術や皮膚アレルギーの治療などを行った際、免疫力が強いと回復も良好で、安心して治療に取り組めます。免疫力アップや健康管理のためには、日々の生活にサプリメントを取り入れるのも1つの方法です。

こちらでは、獣医師がおすすめするペットのサプリメントを豊富に取り扱う当店が、愛犬が手術を受けた際の注意点についてご紹介します。


食事について

食事について

手術をした際、動物病院でお泊まりする場合とすぐ帰宅する場合があります。動物病院にいる間は食事が管理されるため特に心配することはありませんが、帰宅してからの食事には気を使う必要があります。

手術の前から術後まで、手術当日は食事も水も基本的に与えず、病気や治療の内容によってその後の食事を管理します。治療後、場合によってはこれまでの食事を一切受け付けなくなる犬もいるため、ある程度回復するまではドライフードをふやかしたり、生肉や野菜を使って手作りしたり、必要に応じて内容を変えることがポイントです。

避妊や去勢の手術の場合、翌日から通常の食事で問題ないことも多いですが、ホルモンバランスが乱れて太りやすくなることも多いため、体重の増加に注意しましょう。


傷口について

手術や治療で傷口を縫合した場合、後日抜糸することになります。動物は傷ができると舐めて治そうとする性質があり、場合によっては傷口が開いたり化膿したりして、治りが遅くなることもあります。そのため、抜糸までの期間を自宅で過ごす際、傷口を舐めてしまわないよう注意が必要です。

傷口が気になっている様子であれば、エリザベスカラーや術後着の活用をおすすめします。カラーや衣類が苦手な犬は、飼い主の目が届く範囲で見ていられる場合は外し、舐めようとした時にそれを防ぐようにします。

術後でも元気な犬は、はしゃぎ回ったり激しく遊びまわったりしないようにすることも大切です。治療や術後着の着用など、犬にとってのストレスにもいろいろある中で、できるだけ早く傷口がふさがり治るためには、飼い主の協力は重要と言えます。


当店では、免疫力をサポートするスーパーオリマックスの他、DHAやDPAを高濃度に含むアルジェオメガ・アミノ酸BCAAサプリメントのアミノピュアー・脳の機能をサポートするハッピーポーズ・特許取得の乳酸菌、おなかのサプリAHSなども取り扱っております。

大切な家族の健康管理に役立てていただけましたら幸いです。

高齢犬の健康管理にペット用サプリメント

-高齢犬の健康管理にペット用サプリメント-

オメガ3脂肪酸サプリメント・ペット用サプリメントなら|AHS動物サプリメントオンラインショップ

高齢犬の健康管理にペット用サプリメント

犬や猫をはじめ、動物の多くは私たち人間に比べて歳を取るのが早く、寿命も短いです。また、歳を取るにつれ、ケガが治りにくくなったり病気にかかりやすくなったりします。

いつまでも健康でいてもらうためには、タンパク質やビタミン類、DHAEPAといった不飽和脂肪酸など、食事から免疫力アップや筋力・体力維持などについて考えることも大切です。


ペットの寿命は延びている

ペットフードやペット用サプリメント、治療や投薬といった動物医療など、ペットの生活水準は近年非常に高まってきています。犬も猫も平均寿命は14歳前後となっており、猫の場合、室内のみで生活する家猫と外にも出る猫を比べると、家猫の方が2年以上長く生きるとされています。

また、犬はここ30年で平均寿命が2倍程度伸びたと言われており、動物用の専門食をはじめとした生活水準の向上が平均寿命の伸びと深く関係しています。


ペットの高齢って何歳くらいから?

ペットの高齢って何歳くらいから?

犬や猫は、7歳くらいから高齢期に入ると言われており、今では10歳を超えるペットも珍しくありません。日本でも7歳を超える高齢犬の割合が増しており、人間と同じく犬も超高齢化社会が進んでいます。

さらに肥満やメタボのペットも増え、ランニングマシンやバランスボールを使ったストレッチ、プールなど、ペット専用のジムも見かけるようになりました。また、食事や投薬、排泄といった世話をする老犬ホームも登場するなど、ペットの高齢化が進んでいるのが伺えます。


高齢犬の健康管理

年齢を重ねると体力や筋力、視力など、あらゆる機能が低下してきます。そこで大切なのが、高齢期を迎える前から健康的な生活を送ることです。肥満やメタボなペットの場合、糖尿病などの生活習慣をはじめとした病気にかかりやすくなります。

また、肘や膝に痛みが生じ、立ち上がったり歩いたりするのが辛くなることもあります。適度な運動、栄養バランスの良い食事、ストレスフリーな環境といった規則正しい生活を送るのは、ペットの生活の質を高めることにも繋がります。




ペットの食事管理、高齢犬の健康管理には、ペット用サプリメントの活用をおすすめします。

当店では、微細藻類由来のDHAやDPAといったオメガ3脂肪酸を豊富に含むアルジェオメガ、世界的に注目されている低分子米ぬかアラビノキシランを主成分としたスーパーオリマックス、アミノ酸BCAAサプリメントのアミノピュアー、脳の機能をサポートするハッピーポーズ、特許取得の乳酸菌を使用したおなかのサプリAHSなども取り扱っております。愛犬の年齢や健康状態に合わせて、ぜひ当店のサプリメントをお役立ていただけましたら幸いです。

愛犬の健康状態を知るためには舌を見よう!

-愛犬の健康状態を知るためには舌を見よう!-

健康意識の高まりもあり、一緒に暮らすペットの健康管理に気を配る方も増えています。ペットも人間と同じように、関節炎、糖尿病といった病気に悩まされるケースも少なくありません。

これらの病気は免疫力があり、健康状態が良ければ早い回復が見込めます。そのため、日頃から健康状態をチェックすることがポイントです。愛犬の健康状態を把握する場合は「舌」を確認することも大切です。

犬の舌の役割

犬の舌の役割

犬の舌は味を感じるだけではなく、食べ物や飲み物を舐め取るスプーンの役割もあります。また、運動して血流が良くなると舌が大きくなり、舌を出し短い呼吸を繰り返して熱を逃がす役割も担います。

さらに、舌で舐めることで嬉しさや友好を示したり、対象の感触を確かめたり、傷口を舐めて綺麗にしたり、気持ちを落ち着かせるために自分の唇や鼻を舐めることもあります。犬の舌は様々な役割を担い、日常生活に欠かせない器官であると言えます。


舌から分かる健康状態

基本的に犬の舌は濃いピンク色をしています。それが黄色っぽくなると内臓疾患が疑われ、白っぽい場合は体温低下や貧血、栄養不足、子犬の場合は低血糖などが考えられます。

他に、赤っぽいと一酸化炭素中毒、またはビタミンの一種であるナイアシンが極端に不足し、ペラグラという病気になっているかもしれません。赤く潰瘍がある場合は、腎臓の機能が低下する尿毒症が考えられます。

青黒さや紫がかっている場合は、血液中の酸素量が不足するチアノーゼになっている可能性があります。
犬の舌は、様々な状態を教えてくれるのです。


元々の舌の色を確認しておこう

元々の舌の色を確認しておこう

チャウチャウやシャーペイなど、犬種によって元々黒っぽいブルーの舌を持つ犬がいます。また、ミックス犬の中には生まれつき舌に斑点を持っている場合があり、色は青や赤、黒っぽいこともあります。

生まれつきの場合はそれぞれの個性のため特に問題ありませんが、斑点の部分が盛り上がっている、いつもと違う色をしている、舌が乾いているなど、異変があれば獣医師に相談することをおすすめします。
ちょっとした変化を見逃さないためにも、日頃から愛犬の舌を観察しておくと良いでしょう。



愛犬の健康を維持するには、栄養バランスのとれた食事も必要不可欠です。そんな毎日の食生活をサポートするアイテムとして、犬用サプリメントの活用をおすすめします。当店では、愛犬の健康管理に便利な犬用サプリメントを取り扱っています。

米ぬかアラビノキシランを主成分とするスーパーオリマックス、DHAやDPAを高濃度に含むアルジェオメガ、アミノ酸BCAAサプリメントのアミノピュアー、脳の機能をサポートするハッピーポーズ、特許取得の乳酸菌を使用したおなかのサプリAHSなど、獣医師厳選の安心・安全の犬用サプリメントです。セット購入や定期購入もご用意しておりますので、ぜひご利用ください。

猫の老化、基礎知識

-猫の老化、基礎知識-

猫はどんな風に歳を取っていくのでしょうか。猫の老化について考えてみます。

猫の平均寿命

猫の平均寿命

猫の平均寿命は10~15歳くらいと言われており、これまでの世界最高齢はなんと38歳、人間の年齢だと170歳近くというとても長生きの猫もいたようです。20歳を迎えると、妖怪「猫又」になるという言い伝えもあるほど長生きが難しいと考えられていましたが、ここ20~30年で猫の平均寿命は延びており、今では人間の80歳前後とされる15歳を超える猫も珍しくありません。

一方で野良猫の平均寿命は5年と言われることもあり、キャットフードや猫用サプリメントの登場、動物医療の進歩など、猫の平均寿命は生活環境と大きく関係していると言えます。


老化のサイン

老化のサイン

猫は、7歳くらいから老化の兆候が見られることがあります。
猫の睡眠時間は平均して1日15時間程度と長いのですが、今まで以上に寝る時間が長くなったと感じることはありませんか?

また、動作が遅く反応が鈍い、目やにやよだれが目立つ、毛艶が悪くなった、グルーミングが減った、歯が抜けたなど、老化のサインにもいろいろあります。爪とぎが減って爪がよく伸びるようになり、放置すると肉球に食い込むこともあるため、定期的に切ってあげる必要があります。

元気で活発な子猫と一緒にする、引っ越して新しい環境になるなど、老猫にとってストレスとなることを避けるためにも、できるだけ同じ環境で生活することをおすすめします。


老猫の健康管理

歳を重ねるにつれ、猫も免疫力が低下してなどの病気にかかりやすくなります。また、これまでの生活が影響して糖尿病になったり、筋力が衰えて関節炎を発症したり、老化とともに様々な症状が出ることがあります。

いつまでも健康で猫にとって満足度の高い生活を送るためには、日頃の食事から健康管理をすることが大切です。
人間の食べ物を与えないのはもちろん、キャットフードは素材や原材料にこだわり、猫用サプリメントを併用するのも良い健康管理の1つの方法です。


猫用サプリメントを購入する際は、当店の通販サイトをご活用くださいませ。DHAやDPAをたっぷり含むアルジェオメガ、低分子米ぬかアラビノキシランを主成分としたスーパーオリマックス、アミノ酸BCAAサプリメントのアミノピュアー、脳の機能をサポートするハッピーポーズ、特許取得の乳酸菌おなかのサプリAHSなど、ペットの健康を考えるのに役立つ獣医師厳選の安心安全なサプリメントを取り扱っております。

愛犬・愛猫に日頃からマッサージをしましょう

-愛犬・愛猫に日頃からマッサージをしましょう-

や愛とのふれあいは、ペットにとってはもちろん、飼い主にとってもリラックスできるひと時です。

信頼関係を築く

信頼関係を築く

マッサージの目的の1つとして、信頼関係を築くことが挙げられます。
犬が自分の体を自由に触らせるのは仲間やリーダーのみであり、猫は仲の良い猫同士でお互いの体をグルーミングし合うことで、仲間意識を高めます。

マッサージは、飼い主に対して気を許した証拠であり、絆を深める行為でもあるのです。また、友人や獣医師など、普段一緒に生活しない人が触ろうとした時、なでられることに慣れていると人の手を怖がることがなく飼い主も安心です。

病気の早期発見

病気の早期発見

日頃からマッサージをしていると、腫瘍やリンパの腫れ、皮膚や毛並みのちょっとした変化にも気づきやすくなります。体の表面にしこりが現れることが多い乳腺腫瘍や肥満細胞腫といった病気は、日々マッサージをしているからこそ早期発見、早期治療に繋がります。

外飼い、または室内外を自由に行き来する場合はダニやノミの心配がありますし、縄張り争いなどで引っかき傷ができていることも考えられます。命に関わる重大なケガや病気を見逃さないためにも、できるだけ毎日マッサージをしましょう。

マッサージのポイント

犬へのマッサージは、接触面積が広くなるよう指の腹を使って筋肉にアプローチします。力を入れず、ゆったりしたリズムで行うとリラックスしやすい状態になります。犬の体に疲れが溜まっている時、指示に従ったご褒美といったタイミングで行うと良いでしょう。猫の場合、猫から催促された時に行います。

ただし、鳴いて催促されすぐに応じると鳴けば応えると学習するので、鳴きやんだタイミングがおすすめです。
顔や背中、お腹、肉球など、毛の流れに沿って優しくマッサージするのがポイントです。

こんな時はマッサージを控えよう

を患っている場合、血行が良くなると癌細胞の広まりを早めてしまう可能性があります。熱を出している時は、外部から侵入してきた異物に免疫系が反応しているため、マッサージをすると不快感に繋がるかもしれません。

その他、激しい運動や食事の直後、ケガをしている時はマッサージを控えましょう。



当店では、犬や猫の健康管理におすすめのスーパーオリマックスを販売しています。スーパーオリマックスは低分子米ぬかアラビノキシランを主成分とした安心安全なサプリメントです。

スーパーオリマックスの他、DHAやDPAを高濃度に含むアルジェオメガ、アミノ酸BCAAサプリメントのアミノピュアー、脳の機能をサポートするハッピーポーズ、特許取得の乳酸菌おなかのサプリAHSなども取り扱っております。日頃のマッサージに加え、愛犬や愛猫の健康のためにサプリメントを取り入れてみてください。

愛犬の皮膚トラブルも免疫力アップで解決!

-愛犬の皮膚トラブルも免疫力アップで解決!-


愛犬の皮膚トラブルも免疫力アップで解決!

免疫力が低下すると、ペットもウィルスや細菌に感染しやすくなったり、腫瘍ができるなど病気を患いやすくなったりするため、免疫力アップは大切です。

ペットの免疫力アップには栄養バランスの良い食事、適切な運動量、質の良い睡眠、ストレスフリーな生活環境など、人と同じように日常生活のあらゆる要素が重要です。愛皮膚トラブルにお悩みの飼い主も多いと思いますが、免疫力アップは皮膚の健康にも良い影響を与えてくれます。

膿皮症(のうひしょう)

犬の皮膚病で最もよく見られるのが、細菌感染で起こる膿皮症です。雑菌が繁殖しやすい梅雨や初夏、夏にかけて増える傾向にあります。皮膚や毛には常に何かしらの細菌が付着していますが、健康的であれば細菌が異常に増殖することはありません。

しかし、免疫が低下すると膿皮症になりやすく、顔や足先、お腹、脇の下、脚の付け根など体のあちこちに現れる可能性があります。初めは赤い発疹で痒みを起こし、進行すると患部が丸く広がって中心部は黒っぽくなり、腫れたり膿が出たりします。痒みが強く、引っ掻いたり舐めたりして1日で広範囲の毛が抜けることもあります。

アトピー

遺伝的にアトピー性皮膚炎になりやすい犬種があります。
例えば、柴犬やゴールデンレトリバー、ラブラドールレトリバー、ダルメシアン、シーズー、マルチーズといった犬種が代表的です。

アトピー

生活環境の中でアレルゲンと接触したり吸引したりすると、様々な皮膚トラブルが起きます。部分的またはあちこちに発疹がある、体中をかゆがるといった場合はアトピーが考えられます。

適切に対策をしなければ、皮膚を掻きむしって傷がつきただれるという悪循環に陥ってしまいかねません。アレルゲンが環境中にある場合、完治が難しいですが、症状の悪化を少しでも和らげるためには、生活環境を整え免疫力を維持して心身のバランスを良くしてあげることが大切です。

膿皮症やアトピーの他にも、アレルギー性皮膚炎や毛包虫病(ニキビダニ症)、皮膚糸状菌症など、犬に起こる皮膚トラブルにはいろいろあります。愛犬に皮膚トラブルが起きた時は、放置せずに動物病院を受診しましょう。

一過性であれば抗生剤などで症状の改善が見られるかもしれません。しかし、根本的な解決のためには免疫力をしっかり付けておくことが大切なのです。


日々の食事から免疫力や健康について考えてみませんか?当店では、オメガ3脂肪酸を豊富に含むアルジェオメガや低分子米ぬかアラビノキシランを主成分とするスーパーオリマックスなど、ペットの健康管理におすすめのペットサプリメントを販売しています。ペットの快適な生活をサポートするアイテムとして、ぜひご活用ください。

保有ポイント:__MEMBER_HOLDINGPOINT__ポイント
会員ランク:__MEMBER_RANK_NAME__
あと__MEMBER_RANK_NPRC__以上の
お買い物でランクアップ!
あと__MEMBER_RANK_NCNT__の購入でランクアップ!













オメガ-3脂肪酸 DHA DPA

特許取得のサプリメント

犬猫の癌・腫瘍とサプリメント

動物用スーパーオリマックス

犬,猫のサプリメント・アミノ酸

犬,猫のサプリメント,健康情報

コラム

各種サプリメントリスト

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

土日祝日が定休日となっております。
定休日はお問い合わせや発送業務はお休みさせていただきますのでご了承ください。
平日は可能な限りメール、お電話等お問合せの対応はさせていただきますが、出られない場合もございますのでご了承くださいませ。
ご注文時のお届け日時の指定は3営業日後以降のご指定でお願い致します。

ページトップへ